スポンサーサイト

  • 2014.02.08 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    湯川れい子さん

    • 2012.03.21 Wednesday
    • 08:14

    ふたりめは このひとに するにゃ!


    ひきつづき出張中のウリすけが指さしているのは、
    『朝日新聞』2012年3月15日夕刊、4ページ、「かぞくの肖像」。


    湯川れい子さんと、猫のテンプル女史13歳。
       ※湯川れい子さんのことは、⇒湯川れい子音楽事務所


    テンプルさんは、13年前の春まだ浅いころ、
    コンビニの前で今まさにゴミ収集車に入れられそうになっていた段ボール箱から、
    間一髪、湯川さんのご子息に救いだされたのだそうです。

    目は目ヤ二でかたまり、右前脚は壊死寸前、
    あとで獣医さんから前脚は切断を勧められたほどの状態だったとか。
    それを、目も脚もグジャグジャの、生後一週間ほどのそのイノチを、
    息子さんはTシャツにくるんでおうちに連れて帰っていらしたそうです。

    でも、そんな悲惨な過去を、幸いなことに幼すぎたテンプルさんは覚えていません。
    音楽評論がお仕事の湯川さんのかたわらで、大音量の音楽にも動じない、
    肝っ玉の据わった、人なつっこい猫に育ったそうです。
    湯川さんご一家の懸命の看護で、脚も切らずにすみました。

    * * *

    湯川れい子さんの事務所のHPを拝見しますと、
    トップページに、大きく緊急災害時動物救援本部のリンクが置かれているのが目につきます。
    東北で被災した動物たちの保護に奔走していらっしゃる様子がうかがえます。
    そしてリンク集の中には、地球生物会議(ALIVE)も!
    きっと動物愛護管理法改正についても、
    なんらかのかたちで関わっていらっしゃるにちがいありません。

    プロフィールには、クラクラしそうなほどたくさんの肩書きが、ズラリ。
    音楽のお仕事だけでもさぞかしご多忙だろうと思うのに、
    動物たちのためにもご活躍の方だったのですね。
    ちっとも存じませんでした。
    中には、虹猫基金(Rainbow Cat Foundation)なんていうのもありました。

    * * *

    そんな湯川さんちに拾われた強運のテンプルさん。
    この新聞記事の写真ではそっぽを向いています。
    まるで、しかたなしに撮影につきあってやってるんだわよ、とでもいう風情。
    でも、そんな気ままな様子だからこそ、
    ああ愛されてだいじにされているんだな、ということが、よーく伝わってきます。

    よかったね、テンプルさん。
    貴女はとんでもなく強運だったうえに、
    世界一たくさんエルヴィスを聴いた猫かもよ。


    ☆・ さ、湯川さん、好き!って思った方、当ブログにも応援のひと押しをお願いします。・☆




    グジャ猫を拾うということについて、もう少しおしゃべりします。(↓)
    続きを読む >>

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    赤ん坊売買はツミだ!

    ペットショップへ行く?

    いつでも里親募集中

    ニャンタのおばの本。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM