スポンサーサイト

  • 2014.02.08 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    清き一票を!

    • 2014.02.07 Friday
    • 19:17

    大塚敦子さんからメールをいただきました。
     

    大塚さんのご本『いつか帰りたい ぼくのふるさと〜福島第一原発20キロ圏内からきたねこ』が「日本絵本大賞」の最終選考に残り、今、読者投票を受け付けているのだそうです。福島のことを 置き去りにしないために、一つでも多く「クサビ」がほしい。大塚さんのこのご本が賞を取ることは、そのクサビになると思います。

    作品の評価理由としては不純かもしれませんが、福島をテーマにした本が、一人でも多くの人の目に触れるようにしたいと思うのです。どうか応援の一票をお願いいたします。今月28日まで受け付けています。


    ↓大塚さんからいただいたメール↓
    今週末には東京都知事選が迫っていますが、もうひとつの投票のお願いです。
    「日本絵本賞」という子どもの絵本を対象にした賞があるのですが、
    うれしいことに、拙著「いつか帰りたい ぼくのふるさと〜福島第一原発20キロ圏内からきたねこ」が、
    その最終選考に残りました。
    候補作25点の中で、この本が福島や原発事故をテーマにした唯一の絵本です。

    いまだ事故は収束せず、多くの人びとが避難生活を強いられているにもかかわらず、
    福島のことなどまるでなかったかのように、政府は原発再稼働はては輸出にまで前のめりになっています。

    東京都知事選で、原発のない国を望む人びとの声はどこまで反映されるでしょうか。
    日本絵本賞の中の「読者賞」は、読者の投票によって決まります。
    もしもこの本が読者賞に選ばれたなら、少しでもその声を反映させることになると思います。
    福島のことを風化させないために、せめて子どもたちにはこの本を読み続けてほしいと願っています。
    どうか皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

    本の紹介:

    http://atsukootsuka.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

    投票は以下のページから:
    https://www.mainichi-ks.jp/form/ehontouhyou2013/

    大塚敦子


    よろしくお願いします!

    この記事が少しでも多くの方の目に触れますように、
    ランキングボタンも押していただけたらうれしいです!

    スポンサーサイト

    • 2014.02.08 Saturday
    • 19:17
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>

      赤ん坊売買はツミだ!

      ペットショップへ行く?

      いつでも里親募集中

      ニャンタのおばの本。

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM