スポンサーサイト

  • 2014.02.08 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    滝川クリステルさん

    • 2013.03.13 Wednesday
    • 20:40

    おひさしぶりの更新です。
    今回ご紹介するのは――、

    びじんさんにゃ。



    ウリより きれいかも。

    いやいや、ウリすけよ、張り合うのはやめときなさい。
    ※ウリ猫がお見せしているのは、SIPPO(2012年11月6日)。


    はい、滝川クリステルさんです。(公式ブログは⇒
    ほんとうにおうつくしい。
    そしてその滝川クリステルさんに負けずおとらず印象的な瞳で、
    まっすぐにカメラを見つめているラブわんは、アリスさん


    アリスさんが滝川さんのお宅に迎えられたのは、2011年5月。
    この年月日から、おおよそ察しはつくことでしょう。
    出身は、福島です。
    被災地で動物のために奔走する保護団体のシェルターから、やってきました。

    原発から20キロ圏内、あと少し、救出の手が遅れていたなら、
    アリスは生きていませんでした。
    餓死寸前のあやういところを、保護団体の人たちに救い出されたそうです。
    やせおとろえ、目はつりあがり、この写真からは想像できない姿で。

    * * *

    犬や猫やそして家畜たちを置きざりにすることを強いられた飼い主さんたちを、
    滝川さんは、こんなふうに思いやっていらっしゃいます。

    もちろん、人命が優先ということは分かっています。ただ、もし、

    彼らが大切にしていた動物たちを迅速に救えていたら、

    どれだけ彼らの心を救ってあげられたんだろう。



    「動物は捨てて行け。」と命ぜられた飼い主さんたち、
    そんなむごい指示に従わざるを得なかった飼い主さんたち、
    自分の身に置き換えると、気がおかしくなりそうです。

    さいわいなことに、後日、アリスは、もとの飼い主さんに再会を果たしたそうです。
    再びいっしょに暮らすことはかないませんでしたが、
    ご家族は、どんなにか安心なさったことでしょう。
    小さな救いです。

    * * *

    私はめったにテレビを見ない人間なので知らずにいたのですが、
    滝川さんはずっと以前から、動物の殺処分について深い関心を寄せてこられ、
    2009年には、殺処分問題について3夜連続の特集番組を企画・司会なさったとか。
    アリスのことも、被災犬だからという理由で受け入れられたわけではないのです。

    ですから、殺処分ゼロに向けての力強い発言を、
    いろいろな場で、何度も繰り返していらっしゃいます。
    ペットショップで犬や猫を買うという行為が、何を意味するかも。
    たとえば――、

    ”命”がビジネスの餌食になり、無知な私達が知らずに多くの命を傷めていること。     

    みなさんに少しでも心に留めてもらえることを願っています。  


    そして、同記事の
    末尾には、なんと、われらがKDPのリンクも張ってありました。
    ※なぜ「われらが」なのかというと、
     わたくしが敬愛する
    猫ネコ英語のこてちさんが
     全力でかかわっていらっしゃる団体だからであります。



    滝川クリステルさん。
    ジャーナリストとして各界の著名な人たちと会う機会があり、
    「ことば」のプロとして強い発信力をもち、
    かつまた魅力的な容姿と声をもつ――、
    こんなすばらしい女性が、
    ワンコやニャンコのために闘ってくださる!
    なんと心強いことではありませんか。


    さあ、みなさん、
    滝川クリステルさんをヒイキいたしましょう!



    と、いうことをアピールするために、
    上のボタンを押して当ブログも応援してくださいまし。

    スポンサーサイト

    • 2014.02.08 Saturday
    • 20:40
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      美女とブログをせいいっぱい贔屓すべく、
      ランキングをばしっといたしました。
      ランキングバナーが小さくなってきていませんか?
      力の入った手がぶれてもいいよーに大きいのお願いします!

      明日、自分が飼い犬飼い猫を手放さねばならなくなるかもしれない、
      と想像する力があれば、とても無関心ではいられないです。
      「わたしは助けないけど、うちの犬猫はよろしく」そんなこと言えるかなぁ。
      ◇こてちさん、コメントをありがとうございました。
       すっかりお返事が遅くなってしまいまして、失礼しました。
       (二か月もたっているではないか!!)
       ありがとうございます。バナー、大きくしておきます。
       
       ときおり、ペットへの愛情の発露のようにして、
       「この子には(自分より)長生きしてもらいたいと思ってます。」
       なんていうコメントを見聞きすることがあります。
       違いますよね、それ。
       わが身に明日何があってもいいようにしておかねば。
       まずは、今困っている犬猫や飼い主さんにできることをして、
       そうやって身の回りに猫友を増やしておくことでしょうか。
       それは打算じゃなくて計算、というか計画だと思ってます。
      • ニャンタのおば
      • 2013/05/26 9:54 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>

      赤ん坊売買はツミだ!

      ペットショップへ行く?

      いつでも里親募集中

      ニャンタのおばの本。

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM