スポンサーサイト

  • 2014.02.08 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    はじめに。

    • 2012.03.14 Wednesday
    • 17:39
    はじめまして。
    ウリといいます。
    『猫な日本語』から しゅっちょうしてきました。
    うちの おばちゃんの はなしを きいてあげてください。




    こんにちは。ニャンタのおばと申します。
    このたび、あたらしいブログを始めることにしました。

    保護猫保護犬を家に迎え、家族としていっしょに暮らす著名人を、
    勝手に紹介して、勝手に「好きです!」宣言をして、勝手にヒイキしまくるブログです。

    保護猫や保護犬を家に迎え、家族としていっしょに暮らす著名人を、
    勝手に紹介して、勝手に「好きです!」宣言をして、勝手にヒイキしまくるブログを、
    どうか、応援してください!!

    ☆・第一弾は、浜島直子さんの予定!・☆



    ※なんでそんなことをするのかわからん、
      という方は、つづきをお読みくださいまし。

    * * *

    保護猫・保護犬というのは、野良や迷子、捨て子、ペットショップの売れ残り、
    それに多頭飼い崩壊などで、保健所などに持ち込まれた猫や犬です。
    そのうち里親探しの団体に救われる数は微々たるもので、
    彼らのほとんどは、ほんの数日の猶予ののち、殺処分されます。

    そのいっぽう、華やかなショッピングモールのペットショップには、
    次から次へとあたらしい子猫や子犬が「入荷」します。
    どれぐらい売れるかわからないので、「生産者」は、つねに「多めに生産」します。
    たくさんたくさん子どもを生まされた母猫や母犬は、すぐにボロボロになります。
    大量生産ですから、当然、不良品も出ます。
    そんな不良品やボロボロ母さんたちは、どこに行くと思いますか?

    乳離れするかしないかの幼い子猫や子犬の愛らしさは、悩殺モノです。
    「目が合った!」とか、「私の手の中で寝ちゃった!」とか言って、次々に買われていきます。
    しかし、その絶対的悩殺的愛らしさは、4か月もすると色あせてきます。
    トウの立った猫や犬は、ショーケースから下げられて、さて、どこに行くと思いますか?

    それに、幼いうちに親兄弟から引き離された赤ちゃん猫や赤ちゃん犬は、
    本気でかんだり大声を出したりすれば親兄弟からどんなオシオキがあるかを、知りません。
    だから、ヒトと暮らして大きくなるうちに、とんでもない問題児になっちゃうことが少なくありません。
    まあ、問題児は保健所に持っていけば、たいていは「処分」してくれますからね、楽チンですけどね。
    だけれども、保健所の人たちだって、ほんとはそんな仕事、絶対やりたくないに決まってる!

    また、「売れ筋」の猫種・犬種はめまぐるしく変わります。
    売り手は、つねに流行の品種を優先して店頭に並べます。
    「流行遅れ」の犬猫は、2割引とか半額とか、どんどん値下げして売ります。
    それでも売れ残ったら? さあ、どこに行くと思いますか?
    そうそう、「生産工場」にいる、流行遅れの(無駄飯食いの!)親猫・親犬も、どうにかしないとねえ。

    * * *

    ペットショップのショーケースにぺったり鼻の頭をくっつけて、
    子猫や子犬の愛らしいしぐさに、夢中で見入る人々。
    どうか、ペットショップの裏側を、ほんのちょっと、想像してみてください。

    ペットショップで買う、ということは、上に列挙したような事態に加担する行為です。
    少なくとも現状では、少なくとも現在のほとんどのペットショップでは、そうです。
    あなたは、そんなおそろしい行為にかかわりたいと思いますか?

    正面切ってそう聞かれたら、「いいえ」と答える人がほとんどでしょう。
    なのに、ペットショップの前の人だかりは減ることがありません。
    ほんのちょっとの想像が足りないからです。できないからです。

    著名人が、「私とペット」などの記事で、ステキな猫や犬と写っていたりするからです。
    かっこいい著名人が、「ひとめぼれ」し、「びびっとくるものを感じ」て、「衝動買い」した、
    などと語っているからです。
    (いやまあ、それだけじゃないだろうけれども。)

    * * *

    そこで考えました。(ちょっと飛躍。)

    ペットショップで買うことに異を唱え、あるいは違和感を感じ、
    保護猫や保護犬と暮らすことを選んだ著名人も少なくありません。
    ならば、そうした方たちを応援しよう。
    そうした方たちを紹介して、「好きです!」と宣言して、宣伝して、ヒイキしちゃおう。
    そうだそうだそうしよう!



    私は、あなたが好きです。
    保護猫・保護犬を、殺処分を待つ冷たい檻から救い出してくださったから。
    ほかには好きになれないところや、意見の合わないところもあるかもしれないけど、
    その一点において、私はあなたが好きです。大好きです。

    ご迷惑かもしれないけれど、私のコクハクを受け止めてください
    そして、ますます有名になって、どんどん人気者になって、
    そうして、一度は捨てられた命と暮らすことがどんなにすばらしいかを、
    世間のみなさんに、宣伝してください!

     このボタンを押していただけますと、当ブログの応援になります。

    というわけで、新聞や雑誌などで、保護猫・犬と暮らす著名人の記事を見つけ次第、
      どしどしご紹介して、ばんばんヒイキしていくつもりです。
      第一弾は、浜島直子さんの予定!

    スポンサーサイト

    • 2014.02.08 Saturday
    • 17:39
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      やんややんや! 拍手大喝采!
      これは心強い試みです。
      知ることが一番の力。
      イイコトをしている風を吹かせないヒトを紹介してくださるに違いない。
      文句なしに「このヒト好き」と言えるからこそ書ける記事がある。
      そして、そういう文章こそが他のヒトの心に届くと思います。
      楽しみにしています。

       会社のPCから訪問させていただきました。
      新ブログ開設おめでとうございます!!

       
       保護猫・保護犬を迎え入れた人々は案外身近にいる
      ものです(私の友人知り合いなど以外に多いことを
      知りました)。
      でも、「保護猫・保護犬」と暮らすのは難しらしいと
      心配されてる方も大勢いらっしゃるのも事実なようです
      (別友人談)。

       角度を変えての動物愛護の拡散、応援させて頂きますね♪
      • nonoji
      • 2012/03/16 12:53 PM
      良いですね〜!
      動物愛護を身をもって実践している方達を応援する。
      ここから、裾野が広がって、動物たちの現実に気付く人達が増えていくことを願います。
      ブログ、楽しみにしています!
      • りこ21
      • 2012/03/16 3:27 PM
      ◆さっそくのご訪問とコメントをありがとうございます!
       第一弾の記事は、明日、発表の予定です!

      ◇こてちさん
       盛大な拍手を、ありがとうございます!
       うふふん、イイコト思いついちゃった♪と自分でも思いました。
       法改正のドタバタでは、どんどん気持ちが沈んでしまったので、
       明るく元気につづけられることを、明るく元気につづけます!

      ◇nonojiさん
       さっそくのご訪問、ありがとうございます。
       たしかに簡単なことじゃないかもしれないけど、
       ペットショップでひょいと買うことだって、それは同じ。
       命に責任を持つという点では何も変わらないはずですもんね。
       応援していただけたら、とっても心づよいです!

      ◇りこ21さん
       ようこそ、はじめまして!
       一度気づいたら、それまでと同じでいられる人は少ないはず。
       まずは気づいていない人に気づいてもらいたいと思っております。
       いつか「昔はペットショップでペットを売っててねえ」といわれる日が来るまで、
       がんばりますので、ごひいきのほど、よろしくお願いします。
      • ニャンタのおば
      • 2012/03/16 5:00 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      赤ん坊売買はツミだ!

      ペットショップへ行く?

      いつでも里親募集中

      ニャンタのおばの本。

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM